帯状疱疹の原因ウイルス

 

帯状疱疹は、水疱瘡と同じように水痘、帯状疱疹ウイルスと呼ばれる菌が原因で発症する病気です。
つまり、ウイルス感染症のことを言います。

 

水疱瘡の感染と異なる点は、水疱瘡というのは飛沫感染によって人に感染をするのですが、帯状疱疹は接触感染でこれまでに水疱瘡を発症していない人に感染します。
そのため、帯状疱疹が帯状疱疹として人い感染るようなことはないんですよ。

 

帯状疱疹は発症してから治癒までの間に平均すると3週間から1ヶ月程度がかかるといわれています。
患者さんによっては、皮膚症状が治まったとしても、痛みがしばらく残ります。
その痛みが完治するまでには長い期間が必要になることもあります。

 

帯状疱疹というのは、治療を受けなくても3週間から4週間で自然と治癒する病気なのですが、帯状疱疹後神経痛と呼ばれる後遺症が残るリスクが高くなってしまいます。

 

最初の1週間がウイルスがもっとも活発に増えている期間になりますので、この帯状疱疹ウイルスが活発に活動をしている時期には、周囲に感染を拡大させてしまう可能性が高くなりますので、注意をしておくようにしなければなりません。

 

帯状疱疹を発症したからといって他人との接触を過度に避ける必要はありませんが、感染を拡げてしまう可能性があるということを覚えておいてくださいね。

 

ヘルペスウィルスが原因のカポジ水痘様発疹

 

肌のトラブルは、『跡』のことを考えると、セルフケアではなく、ちゃんと皮膚科に行くのが大事だと思います。
私は特に、小さい頃にニキビにはすごく悩まされたので、絶対に皮膚科に行くようにしています。
アトピーの人とかは、皮膚科に行く人もいれば、そのまま市販で売っているアトピーの用のコスメとかを使っている人もいますよね。
皮膚科で処方される化粧水とかを使った方がやはり安心だと思いますけどね。
でも、アトピーの人に言わせると、カポジ水痘様発疹になってしまう方がもっと嫌っていいますね。
カポジ水痘様発疹って、ヘルペスウィルスが原因になって悪さをするらしいですが、その悪さっていうのが本当に残酷!
女性にとっては、カポジ水痘様発疹の症状はショックが大きいと思います。
カポジ水痘様発疹になってしまうと、全身に痒みを伴う湿疹が拡大していくので、本当に辛いと思います。
特に顔にカポジ水痘様発疹が広がっていくのは、本当に人前に出たくなくなってしまうと思います。
私も、友達に言われて、ネットで初めてチェックしたんですが、本当に目をそむけたくなるくらい、ひどいんです。
アトピーの人は合併症として悩みやすいそうですから、気をつけたいですね。

 

スマホのし過ぎにルテイン

最近、スマホを布団の中にまで持って行き、そのまま動画を見ながら寝てしまう人が多いんですってね。
スマホの画面がいくら大きくなっているからと言っても、あんな小さな画面をずっと見ていたら、そりゃあ目が疲れるのも仕方ないのかなって思いました。
スマホをずっと使ってしまう人だったら、ルテインを飲んだりして目の疲れ対策をした方がいいかもしれませんね。
スマホ画面は絶対に目が疲れると思いますからね。
ルテインは最近だったらコンビニでも売っているので、すごくメジャーになってきたなって思いました。
ルテインじゃなく、ブルーベリーのサプリメントもよく打っていますけどね。
やっぱり昔はブルーベリーの印象の方が大きかったと思います。
目に良い食べ物は、年を取ってくると、注目してしまいますね。
サプリメントでも楽で良いのですが、やはり一番自然なのは、食事で栄養を取ることですよね。
ただ、ルテインとかのサプリメントを持っていると、旅行先とか外出先でも気軽に続けられるのが良いのかなって思いました。
やっぱ継続が出来るサプリメントっていうのはすごくポイントが高いと思います。
無理して飲んでいると、やっぱり嫌になってしまうことがありますからね。

更新履歴